魅力あふれる野鳥

沖縄・宮古島の野鳥2017

沖縄島辺戸岬から望む北の海

沖縄

今年の夏、昨年の秋に続いて二回目の沖縄と宮古島を訪ねました。真夏の海と森で出会った野鳥たちをご紹介します。

 

沖縄県の県鳥、ノグチゲラ

ノグチゲラ,Okinawa Woodpecker
キツツキ科のノグチゲラ(英名;Okinawa Woodpecker、体長 31p)は沖縄島だけに見られる日本の固有種で国の特別天然記念物です。

 


森の遊歩道で木の実を食べに来ていたノグチゲラを間近に見ることができました。

 

ノグチゲラ,Okinawa Woodpecker
ノグチゲラはカメラは苦手のようで、すぐに森の奥に飛び去ってしまいました。

 


葉の茂った灌木の中で採餌するノグチゲラです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄島に住むホントウアカヒゲ

ホントウアカヒゲ,Ryukyu Robbin
こちらは沖縄本島にだけ住むアカヒゲ(英名;Ryukyu Robbin、体長 14p)の亜種 「ホントウアカヒゲ」 (メス)です。奄美大島に住んでいるアカヒゲと区別するためホントウアカヒゲと呼ばれています。本当はオスも撮影したかったのですがチラッとしか姿を見られず希望は叶いませんでした。

 


アカヒゲはコマドリ(英名;Japanese Robin)の近縁種で共にヒタキ科の小鳥です。ここではお見せできずとても残念ですが、アカヒゲのオスは顔の前側半分から胸にかけて真っ黒なのが特徴です。

 

ホントウアカヒゲ,Ryukyu Robbin
早朝の林道で採餌するホントウアカヒゲ(♀)、メスは特にコマドリに似ています。

 

,
辺戸岬の崖下の浅瀬を泳ぐ色鮮やかな熱帯の魚たち。上から望遠レンズでこんなにきれいに写せます。

 

 

沖縄の珍鳥、ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナ,Okinawa Rail
沖縄島の山原(やんばる)地区に生息しているヤンバルクイナ(英名;Okinawa Rail、体長 35p)は意外に人里近くの森に暮らしています。

 

ヤンバルクイナ,Okinawa Rail
夜明け前に宿を発ってヤンバルクイナの出没地に向かいます。

 

<ヤンバルクイナ,Okinawa Rail>
あたりが明るくなってきたそのときヤンバルクイナが現れました。

 


ヤンバルクイナは好物のミミズを食べに道路の上や側溝の泥の中を探して歩きます。

 

<ヤンバルクイナ,Okinawa Rail>
大胆にも道の真ん中でもエサ探しです。

 


スタスタとカメラのすぐそばまで近づいてきて短いレンズに変える間もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


仲良しのクロサギ

クロサギ,Pacific Reef Heron

海岸の岩場に止まる二羽のクロサギ(英名;Pacific Reef Heron、体長 58p)。クロサギの黒色型と白色型のペアです。

 


クロサギの白色型が飛んできました。

 

クロサギ,Pacific Reef Heron
岩の上に止まっていたクロサギ(黒色型)が一声鳴きました。クロサギは黒色型が一般的ですが奄美大島以南には白色型がよく見られるようです。

 

クロサギ,Pacific Reef Heron
鳴き声につられるように白色型は近くの岩に止まりました。

 


黒色型の止まっている岩に白色型がやってきました。よく見ると白色型の羽には小さな黒斑があります。若鳥のようです。

 

クロサギ,Pacific Reef Heron
岩の周囲を回るようにお互いに相手の様子を伺っていましたが、どうやら相手が気に入ったようですね。

 

 

この可愛らしい子は誰?

ツバメチドリ,Indian Pratincole
夜も明けたばかりの畑にポツンと一羽たたずんでいたのはなんとツバメチドリ(英名;Indian Pratincole、成鳥の体長 23p)のヒナドリです。

 

ツバメチドリ,Indian Pratincole
カメラに向かって「はい、ポーズ。」このあたりで生まれた子供のようです。

 


こんなに近くに近寄ってきてすまし顔のツバメチドリのヒナドリ。

 

ツバメチドリ,Indian Pratincole
別な畑で採餌しているツバメチドリの群れに出会いました。飛んでいる親鳥。顔から上面は暗灰褐色ですが、お腹から腰は白色です。

 


ツバメチドリは農耕地などで飛んでいる昆虫を捕食します。こちらはバッタを捕らえたツバメチドリです。

 

ツバメチドリ,Indian Pratincole
農道にできた水たまりで水を飲むツバメチドリの家族。

 


海も空も野鳥たちも別世界の宮古島

宮古島

宮古島は沖縄島から300qほど南西にあり石垣島などとともに先島(さきしま)諸島と呼ばれています。緯度的には台湾の台北よりもやや南の亜熱帯に位置しています。本州から行くと気候も鳥相も別天地です。

 

とても優雅なコアジサシ

コアジサシ,Little Tern
南国の海に舞うコアジサシ(英名;Little Tern、体長 24p)はとても素敵に見えます。

 


澄み切った波打ち際でエサをねだるコアジサシのメス。こんなきれいな海でこれから家族を作るなんて羨ましいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子育て中のエリグロアジサシ

エリグロアジサシ,Black-naped Tern
海辺に近い岩場で子育てしているエリグロアジサシ(英名;Black-naped Tern、体長 31p)と出会いました。

 

エリグロアジサシ,Black-naped Tern
二羽のエリグロアジサシが岩に止まって動きません。どうやらこの岩のどこかに巣穴があるようです。

 


別な岩ではつがいのエリグロアジサシがヒナに給餌しています。画像を拡大すると巣穴からヒナの顔が見えているのがわかります。

 

エリグロアジサシ,Black-naped Tern
ヒナの様子を見守るエリグロアジサシの親鳥。

 


エリグロアジサシの群れが沖合で採餌しているところをシャッターを切ったのですが海の中から飛び上がったマグロが写っていました。

 

エリグロアジサシ,Black-naped Tern
エリグロアジサシの子育ては美しい海に見守られているようですね。

 

宮古島
宮古島のサンゴ礁の海には写真のような大きな岩がゴロゴロと転がっている場所があります。大岩の向こうにわずかに白波が見えているところまでがサンゴ礁でその向こうに水深の深い外海が広がっています。サンゴ礁にある大岩はかつて巨大な大津波が運んできたものだそうです。

 


ベニアジサシの舞う海

ベニアジサシ,Roseate Tern

黒い帽子に真っ赤な嘴と脚が自慢のベニアジサシ(英名;Roseate Tern、体長 39p)に宮古島で会うことができました。沖縄島では見つけられなかったので大感激でした。
ベニアジサシ,Roseate Tern
水面近くを飛んでいるベニアジサシの群れを見つけました。

 


お気に入りの休憩場所で一休みです。

 

ベニアジサシ,Roseate Tern /><br />ベニアジサシの住むサンゴ礁のある豊かな自然はいつまでも守って行きたいものです。</p>
<p> </p>
<p class= 


広大な海を悠然と飛ぶベニアジサシ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩場で暮らすマミジロアジサシ

マミジロアジサシ,Brided Tern
波に洗われる岩場でマミジロアジサシ(英名;Brided Turn、体長 36p)を間近に撮影しました。

 


マミジロアジサシの特大写真になってしまいました。

 

マミジロアジサシ,Brided Tern
飛んでいる姿はとてもスマートです。

 

マミジロアジサシ,Brided Tern
羨ましいほど仲良しのツガイです。

 

マミジロアジサシ,Brided Tern
のどかな岩場の暮らしです。

 

 

クロアジサシのコロニー

クロアジサシ,Brown Noddy
わずかに緑の植物が生える岩礁の上にクロアジサシ(英名;Brown Noddy、体長 42p)を見つけました。

 


クロアジサシはコロニーを作って暮らしています。中央の親鳥のすぐ前には産毛に包まれた雛鳥もいます。

 

クロアジサシ,Brown Noddy
画面左奥の二羽は幼鳥と思われます。

 


巣穴を覗き込む親鳥。

 

クロアジサシ,Brown Noddy
飛翔するクロアジサシ。

 


オスが子育てするミフウズラ

ミフウズラ,Barred Buttonquail

畑の縁を4羽のヒナを連れて採餌しているミスウズラ(英名;Barred Buttonquail、体長 14p)の親子に出会いました。ミフウズラは抱卵、育雛をすべてオスが行います。

 


人の気配に気づいてミフウズラの親子は足早に草の茂みに消えていきます。10円玉くらいの小さなヒナたちを連れた親子が草むらの中を歩いてもその気配は全く分かりません。

 

ミフウズラ,Barred Buttonquail
こちらはミフウズラのメスです。メスの頭部は灰色で薄い褐色のオスと区別がつきます。

 


オスだけが子育てする野鳥にはタマシギやレンカクなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何度も会えたシロハラクイナ

シロハラクイナ,White-brested Waterhen
シロハラクイナ(英名;White-brested Waterhen、体長 32p)はとても用心深くゆっくり撮影するのがむつかしい鳥です。親子で採餌するシロハラクイナを見つけました。。

 


シロハラクイナは昆虫や小魚、草の種などを食べます。

 

シロハラクイナ,White-brested Waterhen
バッタを捕らえて物陰に急いでいるところです。

 


シロハラクイナはスマートな姿とエレガントな顔立ちをしていて私の大好きな南国の野鳥です。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

森の奥深くにひっそりと暮らすオオクイナ

オオクイナ,Slaty-legged Crake
夕暮れの時刻に森の中の水場にやってきたオオクイナ(英名;Slaty-legged Crake、体長 26p)のメスです。オスは頭から胸の部分が赤褐色ですが、メスは全体が薄い褐色の地味な羽色です。

 


オオクイナは水場で丹念に水浴びをして体の汚れを落としました。

 

オオクイナ,Slaty-legged Crake
水浴びのあと大きく羽を羽ばたいて体の水気を落とします。

 

オオクイナ,Slaty-legged Crake
すっかり身ぎれいになった姿でお立ち台に立ってポーズをとってくれました。

 

 

南国に住むキンバト

キンバト,Emerald Dove
キンバト(英名;Emerald Dove、体長 26p)は赤道近くの南の国に多く住んでいます。日本では宮古島や石垣島など先島諸島だけで見られます。写真は夕暮れの森の水場にやってきたキンバトのオスです。オスは目の上から額にかけてと小雨覆いの一部が白く、メスは全体に色合いが鈍い感じです。

 

キンバト,Emerald Dove
キンバトは水を飲むと暗い森の中に消えていきました。

 


早朝、森に入っていく小道で採餌するキンバトのツガイに出会いました。向かって右がオスです。キンバトの上面の羽色は金緑色で名前の由来です。

 



南国の朝

宮古島

宮古島の海岸で見た夜明け前の海です。
このコーナーでは沖縄本島や宮古島で出会った琉球諸島に住む本州では見ることのできない亜種の野鳥をご紹介します。

 

 

ヨナクニカラスバト

ヨナクニカラスバト,Japanese Wood Pigeon
宮古島の森でヨナクニカラスバト(英名;Japanese Wood Pigeon、体長 40cm)のツガイを見つけました。カラスバトと比べると体の金属のような光沢が少ないのだそうです。

 


かなり迫力のある顔つきですがオスでしょうか。

 

ヨナクニカラスバト,Japanese Wood Pigeon
こちらは一緒にいた個体です。顔つきが優しい感じでメスと思われます。

 

リュウキュウアカショウビン

リュウキュウアカショウビン,Ruddy Kingfisher
宮古島にいたリュウキュウアカショウビン(英名;Ruddy Kingfisher、体長 27p)です。夕方、森の水場に水浴びにやってきました。

 


こちらは沖縄本島で見かけたリュウキュウアカショウビンです。本州にやってくるアカショウビンと比べて上面の羽の紫の色味が強く、鳴き声もキョッ、キョロロー、キョロッキョロッなどと小さめで伸びがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキュウキジバト

リュウキュウキジバト,Oriental Turtle Dove
リュウキュウキジバト(英名;Oriental Turtle Dove、体長 44p)のツガイです。

 

 

リュウキュウキビタキ

リュウキュウキビタキ,Narcissus Flycatcher
夕暮れの水場で水浴びして濡れそぼっているリュウキュウキビタキ(英名;Narcissus Flycatcher、体長 18p)です。種子島以南の南西諸島で留鳥として暮らしています。

 

 

リュウキュウサンコウチョウ

リュウキュウサンコウチョウ,Japanese Paradise Flycatcher
夕暮れ時、森の水場にメスのリュウキュウサンコウチョウ(英名;Japanese Paradise Flycatcher、体長♀18p、♂45p)が)水浴びにやってきました。

 


今度はオスのリュウキュウサンコウチョウが水浴びです。リュウキュウサンコウチョウは奄美以南の南西諸島にやってきて繁殖しています。見た目には本土に渡ってくるサンコウチョウとほとんど違いはないようです。

 

 

 

 

 

 


琉球諸島に住む野鳥たち(続き)

宮古島

リュウキュウツバメ

リュウキュウツバメ,Pacific Swallow
畑の散水栓に止まって休むリュウキュウツバメ(英名;Pacific Swallow、体長 14p)。

 


リュウキュウツバメは奄美大島以南に暮らしています。渡り鳥のツバメ(英名;Barn Swallow、体長 17p)よりやや小さく、胸からお腹は灰褐色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リュウキュウハシブトガラス

リュウキュウハシブトガラス,Large-billed Crow
琉球諸島には亜種リュウキュウハシブトガラス(英名;Large-billed Crow、体長 50-55p)が暮らしています。ハシブトガラスよりもやや小さくくちばしやおでこの形も小ぶりです。琉球諸島にはハシボソガラスはいません。

 

 

リュウキュウコノハズク

リュウキュウコノハズク,Ryukyu Scops Owl
夕日の差し込んでいる森にコホォ、コホォとリュウキュウコノハズク(英名;Ryukyu Scops Owl、体長 22p)の声が響きました。樹上を探すとこちらをにらんでいるリュウキュウコノハズクと目が合いました。

 

 

リュウキュウヨシゴイ

リュウキュウヨシゴイ,Cinnamon Bittern

 

早朝の農耕地を探鳥していると大きな鳥が飛んできて樹上に止まりました。お腹に何本か縦班の有るリュウキュウヨシゴイ(英名;Cinnamon Bittern、体長 40p)のメスでした。

 

宮古島
今回の沖縄本島と宮古島の探鳥旅行はたくさんの野鳥に出会うことができたとても印象深い旅でした。

 

 

このページのトップへ


関連ページ

石垣島・西表島探鳥旅行2019
ここでは作者が2019年2月に石垣島・西表島を探鳥旅行した時に出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2018その2
ここでは作者が2018年の夏に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2018
ここでは作者が今年の夏にいくつかの探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
春の探鳥小旅行2018その2
ここでは2018年春に作者が有名な探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
春の探鳥小旅行2018
ここでは2018年春に作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を紹介しています。
冬の探鳥小旅行2018
ここでは作者が有最棚県外の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
秋の探鳥小旅行2017
ここでは2017年の秋に作者が各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2017
ここでは2017年の夏に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
道央初夏の野鳥たち2017
ここでは本年6月に北海道石狩川や野幌森林公園を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2017春
ここでは作者が今年の春に県外の探鳥地で出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
能登・舳倉島の野鳥2017
ここでは作者が2017年5月下旬に能登半島と舳倉島を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2017
ここでは作者が主に2017年の冬から春先に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016
ここでは作者が2016年に県外各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その2
ここでは作者が国内の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その3
ここでは作者が2016年に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その4
ここでは作者が2016年の後半に埼玉県外の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
沖縄・宮古島の野鳥2016
ここでは作者が2016年10月に沖縄・宮古島の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2015
ここでは作者が2015年に県外各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2015 その2
ここでは作者が2015年の夏から秋にかけて各地の探鳥地を訪れたときに出会った日本の野鳥たちの写真を掲載しています。
2014年の出会い(イ)
ここでは2014年に作者が各地の探鳥地を訪れたときに出会った思い出深い野鳥たちの写真を掲載しています。
2013年の出会い(イ)
ここでは作者が国内各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2014年の出会い(ロ)
ここでは作者が2014年に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2013年の出会い(ロ)
ここでは作者が2013年に国内各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(イ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(ロ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出会い(ハ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(ニ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ