魅力あふれる野鳥

能登・舳倉島の野鳥2017

能登半島で数少ない遠浅の海岸が広がる七尾西湾

<%カンムリカイツブリ%>

五月下旬、能登半島の探鳥地をめぐりつつ舳倉島を訪ねるという探鳥旅行に出かけてきました。真っ先に訪れたのは日本にはいないといわれる珍鳥フー
キエンアオヒタキが来ていた白山市若宮八幡宮の境内でした。すでに珍鳥は去ってしまい姿はありませんでしたがどんな場所なのか様子を見たいと考えました。
<%ムギマキ,Mugimaki Flycatcher%>
若宮八幡宮の境内ではムギマキ(英名;MUgimaki Flycatcher、体長13p)が採餌しているのを見つけました。ムギマキは旅鳥で10月には南の国に渡っていく途中立ち寄った姿を見ることがありましたが5月に逢うのは初めてでした。今はシベリア方面へ渡る途中なのでしょう。

 


この日見かけたのはメスのムギマキだけでしたが、春に旅の途中の様子を確認できたのは私にとっては収穫でした。

 

<%エゾビタキ,Grey-spotted Flycatcher%>
ムギマキと一緒に旅鳥のエゾビタキ(英名;Grey-spotted Flycatcher、体長15p)も同じ境内の林を飛び回っていました。かの珍鳥もこれらの旅鳥に混じって渡る途中この森に迷い込んだのではないでしょうか。

 


若宮八幡宮の境内で見かけたスズメの巣立ちビナです。この口元を見て親鳥たちが思わずエサを与えるのがよくわかる可愛らしさですね。

 

<%.%>
のと里山海道 高松付近の海岸線景色です。

 

 

田んぼの畔で見かけたケリ

<%ケリ,Grey-headed Lapwing%>
田鶴浜に行く途中の田んぼの畔に一羽のケリ(英名;Grey-headed Lapwing、体長36p)を見つけました。

 


ケリの近くにハシボソガラスがやってくるとケリはその場にうずくまってハシボソガラスの様子をうかがう不思議な行動(偽傷行動?)をしました。近くに巣でもあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハシボソガラスが飛び去るとケリは立ち上がりました。そこに今度は田んぼを耕すトラクターが近づいてきます。

 

<%ケリ,Grey-headed Laowing%>
トラクターがさらに近くに来てもケリは逃げずにくつろいでいてくれました。

 

 

 

 

輪島港付近での早朝探鳥

<%,%>
輪島に一泊した翌朝早く、付近の公園などを探鳥しました。

 

<%トビ,Black Kite%>
公園ではトビの幼鳥がお腹がすいたのでしょうか、盛んに親を呼んで鳴いていました。

 

<%トビ,Black Kite%>
河口では魚を食べているトビを見かけました。

 

<%メジロ,JapaneseWhite-eye%>
葉の茂ったモミジの中をたくさんのメジロ(英名;Japanese White-eye、体長 12p)の群れが採餌しながら飛び回っています。

 


メジロは動きが速くなかなかシャッターチャンスがやってきません。こちらは枝被りのメジロ君です。

 

<%エナガ,Long-tailed Tit%>
エナガ(英名;Long-tailed Tit、体長 14p)の家族が忙しく採餌中です。素早く動き回るエナガの中でもまぶたの赤い幼鳥はしばらくじっとしていることがあります。

 


顔立ちの整った幼鳥がちょうどよい横枝に止まってポーズをとってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垣間見たキジの暮らし

<%キジ.Common Pheasant%>
早朝の輪島の田んぼの畔で一ツガイのキジが仲良く採餌しています。

 


オスのキジはほろ打ちをしてテリトリーを守ります。

 

<%キジ.Common Pheasant%>
早朝、巣の近くに侵入してきたハシブトガラスと猛然と戦うキジのメス。

 

<%キジ.Common Pheasant%>
共同して侵入者を威嚇するキジのツガイ。

 


いざ舳倉島へ

<%ウミネコ,Black-tailed Gull%>

舳倉島(へぐらじま)は能登半島の北方50qに位置し面積103ha、標高13m、周囲5qのちいさな島です。春から秋にかけて釣り人やバードウォッチャーのための民宿が営業されています。島との行き来にはへぐら航路株式会社の運行するフェリー「ニューへぐら」号(排水量102トン、定員119名)が天候の良い日に限り一日1往復運航されるのを利用します。舳倉島は特に春と秋の季節は渡り鳥にとって絶好の中継点となっており普段見られない珍鳥も出現することから野鳥愛好家の人気スポットとなっています。
上の写真は輪島港の岸壁に群れるウミネコ(英名;Black-tailed Gull、体長 46p)です。

 


海面に舞い降りるウミネコ。

 

<%.%>
フェリーから振り返ると輪島港がとてもきれいに見えました。

 

<%.%>
能登半島が次第に遠ざかっていきます。

 

<%.%>
舳倉島までの中間点あたりに大島、竜島などいくつかの小さな島が点在しています。

 


フェリーに乗って舳倉島を目指す90分の航海中時々ウミネコが近づいてきてくれました。

 

<%ウミネコ,Black-tailed Gull%>
フェリーからはるか遠くの海上で採餌するウミネコの群れ。

 

 

海上で暮らすオオミズナギドリ

<%オオミズナギドリ,Streaked Shearwater%>
オオミズナギドリ(英名;Streaked Shearwater、体長49p)たちがフェリーにかなり近づいてきて採餌していました。

 


オオミズナギドリは太平洋側や日本海側の日本近海でよく見られる海鳥です。羽を広げると幅120pにもなる大型の鳥ですが近くで撮影する機会はそう多くはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


オオミズナギドリたちの表情を明瞭に写し取るのはなかなかうまくいきません。

 

<%オオミズナギドリ,Streaked Shearwater%>
海面をすれすれに飛びながら魚を探すオオミズナギドリ。

 

<%.%>
乗船して一時間ほどすると前方に平らな舳倉島が見えてきます。

 

<%.%>
島が近づくと灯台や港の様子がはっきりと見えてきます。

 


五月の舳倉島で出会った野鳥たち

<%ウミネコ.Black-tailed Gull%>

舳倉島では民宿に二泊しました。その間に出会った野鳥たちを順次ご紹介します。上の写真は磯の岩礁でくつろぐウミネコの群れです。

 

<%ムギマキ.Mugimaki Flycatcher%>
舳倉島でも見かけたムギマキ(♀)です。

 

<%エゾビタキ.Grey-streaked Flycacher%>
エゾビタキも来てます。

 

<%キアシシギ.Grey-tailed Tattler%>
舳倉島は徒歩で一時間もあれば一周することができます。その間散策路は海岸から平原そして木々の生い茂った林と目まぐるしく変わっていきます。
この海岸の岩場には旅鳥のキアシシギ(英名;Grey-tailed Tattler、体長 25p)が採餌していました。

 

<%ハクセキレイ.White Wagtail%>
おなじみのハクセキレイ(英名;White Wagtail、体長 21p)もいます。

 

<%マミチャジナイ.Eyebrowed Thrush%>
水辺にやってきた旅鳥のマミチャジナイ(英名;Eyebrowed Thrush、体長 22p)。

 

<%メボソムシクイ.Japanese Leaf Warbler%>
島内の林ではたくさんのムシクイ類が群れながら葉の茂った枝の間を飛び回りながら採餌しています。ムシクイ類の判別はその鳴き声が一番有力ですが、ここではほとんど鳴かないので種類がわかりません。この場では彼らはメボソムシクイ(英名;Japanese Leaf Warbler、体長 13p)と仮定しておきます。

 


撮影時の鳥の姿勢、光線の条件も様々で図鑑の写真との比較でもムシクイ類の判別は大変むつかしいものです。

 

<%メボソムシクイ.Japanese Leaf Warbler%>

 

<%メボソムシクイ.Japanese Leaf Warbler%>

 

<%アマサギ.Cattle Egret%>
こちらはアマサギ(英名;Cattle Egret、体長 50p)、コサギよりも10pほど小さく嘴が黄色、夏羽は頭から背中が橙色で識別しやすい鳥です。

 

<%アマサギ.Cattle Egret%>
岩場を見上げているアマサギ。この後、上のほうにそろって飛んでいきました。

 

<%オオルリ.Blue-and-white Flycatcher%>
水場にやってきたメスのオオルリ(英名;Blue-and-white Flycatcher、体長 16cm)が水浴びを始めました。

 


枝に止まって草むらの虫を探しているオオルリ(♀)。

 

<%カワラヒワ.Oriental Greenfinch%>
島内のあちこちでカワラヒワ(英名;Oriental Greenfinch、体長 15p)を見かけます。生活しやすい環境が整っているのでしょう。

 

<%ハシブトガラス.Large-billed Crow%>
民宿の前の草地でハシブトガラス(英名;Large-billed Crow、体長 57p)が仲良く採餌してます。長年一緒に暮らしているツガイなのでしょうか。

 

<%コムクドリ.Chestnut-cheeked Starling%>
木陰から突然飛び出したコムクドリ(英名;Chestnut-cheeked Starling、体長 19p ♂)。

 

<%ウグイス.Japanese Bush Warbler%>
島のあちこちでウグイス(英名;Japanese Bush Warbler、体長 14-16p)のさえずりが聞こえてきます。しかし姿を近くで見ることはめったにありません。

 

<%キビタキ.Narcissus Flycatcher%>
島の内陸部に設けられたお立ち台にやってきたキビタキ(英名;Narcissus Flycatcher、体長 14p ♀)。

 


つぶらな瞳がとても可愛らしいです。

 

<%アオジ.Black-faced Bunting%>
にぎやかなアオジ(英名;Black-faced Bunting、体長 16p)のさえずりがあちこちから聞こえてきます。メスを誘っているのかなわばりを宣言しているのか、多数が繁殖しているようです。

 


口を目いっぱい大きく開いて懸命に鳴くアオジ(♂)。

 

<%オオヨシキリ.Oriental Reed Warbker%>
島の一角でオオヨシキリ(英名;Oriental Reed Warbker、体長 18p)もギョギョシギョギョシギョシギョシとさえずっていました。

 

<%ハヤブサ.Peragrine Falcon%>
海岸端の岩の上から獲物を探すハヤブサ(英名;Peragrine Falcon、体長 ♂42p ♀46p)

 


灯台の裏手で休むハヤブサの幼鳥、このあたりから巣立ったようです。

 

<%ムナグロ.Pacific Golden Plover%>
海岸の打ち寄せられた海草の上にいるムナグロ(英名;Pacific Golden Plover、体長 24p)を見つけました。

 


夏羽のムナグロが黒い岩や赤茶の海草ときれいなコントラストを醸し出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 


舳倉島で見た珍鳥

<%イナバビタキ.Isabelline Wheatear%>

迷鳥としてまれに見られるイナバビタキ(英名;Isabelline Wheatear、体長 16p)が海岸の岩場に来ているとの情報をいただき探してみるとそれらしい鳥を見つけました。長旅をしてこの島に着いたらしくどこかみすぼらしい感じのイナバビタキです。

 


二日後に再会したイナバビタキ。あまり様子に変化はなく疲れた様子に見えました。

 

<%イナバビタキ.Isabelline Wheatear%>
今度どこかで会う時は元気な姿を見たいものです。

 

 

一目見ることができたチゴモズ

<%チゴモズ.Tiger Shrike%>
非常に数少ない夏鳥のチゴモズ(英名;Tiger Shrike、体長 18p)がいるとの話しで、目撃情報の有ったあたりで目を凝らしていると、スス竹の藪からほんの一瞬見慣れない鳥が現れました。頭頂部が灰色で太く黒色の過眼線が特徴のチゴモズのオスです。

 


もう少し近くで撮影したかったのですが、姿を現したのはこの一回だけでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オオシシウドの花の林で出会ったアカモズ

<%アカモズ.Brown Shrike%>
オオシシウドの花が一面に咲き誇る草原の小道をそっと進んでいくと目の前に現れたのはなんとアカモズ(英名;Browm Shrike、体長 20p)です。

 


オオシシウドの林の中に営巣している様子で、虫を捕まえてきてこちらを警戒しながらどこかに消えていきます。

 

<%アカモズ.Brown Shrike%>
こんなきれいな場所でアカモズに出会えるとは、なんだかとても幸せな気分に浸ることができました。

 

 

瞬間の出会いだったカラスバト

<%カラスバト.Japanese Wood Pigeon%>
チゴモズを探して林のほうに目を凝らしているときでした。そこに大きめの黒い鳥が飛び込んできて一瞬枯れ枝に止まりました。それはこの季節によく観察されるカラスバト(英名;Japanese Wood Pigeon、体長 40p)でした。急いでカメラのピントを合わせてシャッターを切りましたが、次の瞬間にはさっと飛び去ってしまいました。カラスバトはとても警戒心が強いため撮影がむつかしい鳥の一つです。

 

 

舳倉島にやってきたトケン類

<%カッコウ.Common Cuckoo%>
舳倉島の民宿で夕食を済ませた後部屋でくつろいでいると窓の外で「カッコウ」と鳴き声がしました。そっと窓を開けて窓のわきの木の上のほうを見上げるとなんとそこにはカッコウ(英名;Common Cuckoo、体長 35p)が止まっていました。
(参考;トケン「杜鵑」はホトトギスのことで、トケン類とはカッコウ科の仲間を指す古い言い方です。)

 


翌朝出会ったこの黒っぽい鳥もその特徴からセグロカッコウではなくカッコウということで落着しました。

 

<%カッコウ.Common Cuckoo%>
カッコウはイタドリなどがたくさん生い茂っている草原をしばらくひらひらと舞うようにとびまわっていました。

 

<%ジュウイチ.Rufouse Hawk-Cuckoo%>
木柵の上から草地に降りては何かを食べている鳥を見つけました。近寄ってみるとそれは黄色のアイリングが目立つジュウイチ(英名;Rufouse Hawk-Cuckoo、体長 32p)でした。

 


ジュウイチはひらひらと林の中ほどまで入って行ったり再び草地のほうにやってきたりしてしばらくの間採餌していました。

 

<%ジュウイチ.Rufouse Hawk-Cuckoo%>
まだあどけなさの残るその個体はジュウイチの若鳥のようです。

 

<%ツツドリ.Oriental Cuckoo%>
最後にちらりと姿を見せたのはツツドリ(英名;Oriental Cuckoo、体長 32p)赤茶色の虹彩が特徴です。
ホトトギスは見られませんでしたが五月の舳倉島にはトケン類三種がやってきていました。この時期カッコウ科の仲間がここを中継点として北国に渡って行くことがよくわかりました。

 

 

このページのトップへ

 


関連ページ

石垣島・西表島探鳥旅行2019
ここでは作者が2019年2月に石垣島・西表島を探鳥旅行した時に出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2018その2
ここでは作者が2018年の夏に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2018
ここでは作者が今年の夏にいくつかの探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
春の探鳥小旅行2018その2
ここでは2018年春に作者が有名な探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
春の探鳥小旅行2018
ここでは2018年春に作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を紹介しています。
冬の探鳥小旅行2018
ここでは作者が有最棚県外の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
秋の探鳥小旅行2017
ここでは2017年の秋に作者が各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
夏の探鳥小旅行2017
ここでは2017年の夏に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
沖縄・宮古島の野鳥2017
ここでは作者が2017年夏沖縄・宮古島の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
道央初夏の野鳥たち2017
ここでは本年6月に北海道石狩川や野幌森林公園を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2017春
ここでは作者が今年の春に県外の探鳥地で出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2017
ここでは作者が主に2017年の冬から春先に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016
ここでは作者が2016年に県外各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その2
ここでは作者が国内の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その3
ここでは作者が2016年に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2016その4
ここでは作者が2016年の後半に埼玉県外の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
沖縄・宮古島の野鳥2016
ここでは作者が2016年10月に沖縄・宮古島の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2015
ここでは作者が2015年に県外各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
やま里の野鳥2015 その2
ここでは作者が2015年の夏から秋にかけて各地の探鳥地を訪れたときに出会った日本の野鳥たちの写真を掲載しています。
2014年の出会い(イ)
ここでは2014年に作者が各地の探鳥地を訪れたときに出会った思い出深い野鳥たちの写真を掲載しています。
2013年の出会い(イ)
ここでは作者が国内各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2014年の出会い(ロ)
ここでは作者が2014年に各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2013年の出会い(ロ)
ここでは作者が2013年に国内各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(イ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(ロ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出会い(ハ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。
2012年の出合い(ニ)
ここでは作者が有名な各地の探鳥地を訪れたときに出会った野鳥たちの写真を掲載しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ