魅力あふれる野鳥

さいたまの野鳥

さいたまの野鳥

埼玉県内の探鳥地や作者の住まい近くを流れる入間川や支流の小畔川で出会えた四季折々の野鳥たちをご紹介します。

さいたまの野鳥記事一覧

さいたまの春2019

遥かシベリアの地に思いをはせるカシラダカ(英名;Rustic Bunting、体長 15p)♂。旅立ちの日の備えるカシラダカ♀。もうすぐ北へ旅立つシメ陽だまりのシメ(英名;Hawfinch、体長 19p)冬を過ごしたこの公園ともまもなくお別れだね。春を喜ぶメジロ大好きな梅の花の蜜を吸うメジロ(英名;...

≫続きを読む

 

さいたまの冬2019

野焼きした葦原で茎の燃えさしに潜む虫を長い舌を差し込んで探すアリスイ(英名;Eurasian Wryneck、体長 18p) 。撮影地;県内小さなご馳走を見つけたアリスイ。集団で移動するイカル間近のヌルデの木に止まって実を頬張っているイカル(英名;Japanese Grosbeak、体長23p)。撮...

≫続きを読む

 

さいたまの秋2018

写真は9月中旬にビオトープの林の中で咲いていたヤブラン(英名;Liriope)の花です。来春もヤブランの実が熟す頃には山からレンジャクがやってくるかもしれません。以下では2018年秋に出会った野鳥たちの様々な表情をご紹介していきます。

≫続きを読む

 

さいたまの春2018

冬鳥のオオダイサギ(英名;Great Egret、体長 98-104p)がカラシナの咲く川岸でエサ探ししています。これから中国東部〜ロシア北東部へ渡って子育てして11月ごろにまた日本に渡ってきます。脚の大腿部の黄色が特徴で、日本で繁殖しているチュウダイサギ(英名;Eastern Great Egre...

≫続きを読む

 

さいたまの冬2018

冬になると県内各所の池にオオバン(英名;Eurasian Coot、体長 39p)がやってきます。水浴びするオオバン。いつもの休憩場所でくつろぐオオバン。アトリ(英名;Brambling、体長 16p)が水辺の枯れ枝に止まりました。頭の一部が黒く羽の模様が鮮やかな個体で若いオスと思われます。こちらは...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ